【フレキュレル・副作用】フレキュレルが安心な理由3つのポイント

フレキュレル安全3ポイント
フレキュレルの安全性と副作用の心配がないことについて説明します。

フレキュレルが安心して副作用の心配がなく使用できるのは、

  1. 植物由来成分で乾燥肌・敏感肌でもOK
  2. 6つの無添加で低刺激性クリームを実現!
  3. 安心・高品質の国内工場生産

の3点です。

フレキュレルは自然由来の成分で乾燥肌と敏感肌にも安心して使用することができます。

低刺激性のクリームによって、多くの人の肌にストレスなく使えるように設計されています。

保湿力を高める成分も配合されているので、乾燥による肌のトラブル改善効果もあります。

また、刺激を抑えるために6つの添加物を使用せずに製造されています。

余分成分が入っていないので、直接肌に塗るクリームですが安心して使用することができます。

しかもフレキュレルは、高品質の国内工場で製造されています。

やはり国内産の安心感は高いですよね。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ

植物由来成分で乾燥肌・敏感肌でもOK

フレキュレル配合成分
フレキュレルの植物由来成分で製造されているので安心なことを紹介していきます。

フレキュレルは肌に優しく作用することをコンセプトに製造されています。

なるべく人工成分を使用せず、自然界にある植物を原料としている植物エキスを多く配合しています。

その種類はなんと全36種類です!

36種類のうち、特に主要なものは次の7種類です。

主要な植物由来成分と効果
  1. アーティチョーク:メラニンの生成を促進する物質を阻止・糖化防止
  2. サトウキビ:保湿効果・ターンオーバーの促進
  3. 天草:保湿効果
  4. 梅果実:抗糖化作用で肌の老化防止
  5. ユキノシタ:紫外線誘発性抑制効果
  6. プルーン:ターンオーバーの促進
  7. キュウイ:メラニンの抑制・ターンオーバーの促進

主要な7種類だけでもこれだけの効果が高い成分が配合されています。

さらに植物名を見てもらえれば分かるように、果物など食品として有名なものも多いです。

普段身近に食べているものならより安心感が増しますね。

6つの無添加で低刺激性クリームを実現!

6つの無添加
フレキュレルの低刺激性クリームと6つの無添加について紹介します。

フレキュレルは多くの方の肌に合うように低刺激性のクリームとなっています。

そのこだわりの目的としては、「乾燥肌や敏感肌の方でも使えるように」というものです。

なので、余分な添加物を入れない無添加な薬用クリームとなっています。

具体的には次の6つの添加物を排除して無添加を実現しています。

6つの無添加成分
  • 香料
  • 着色料
  • タール系着色料
  • 紫外線吸収剤
  • パラベン(防腐剤)
  • 鉱物油

上記の添加物には防腐剤として使用されたり、合成界面活性剤として使用されたりするものなどです。

一概に体に悪いと言うわけではありませんが、なるべく避けた方が良いことに変わりはありません。

その添加物が排除されているというのは、とても安心ですね。

安心・高品質の国内工場生産

国内工場

フレキュレルが国内で製造されていることを紹介します。

フレキュレルの成分の安全性は先に説明したとおりです。

しかし、いくら良い成分で設計された薬用クリームでも、製造過程で品質管理などがずさんだと意味がありません。

具体例としては製造過程で異物が混入したり、劣悪な環境で製造されることによる製品の劣化などですね。

その点フレキュレルは問題ありません。

フレキュレルは国内工場で高品質なものを製造しています。

外国の工場で生産されるものと比べると国内で製造されたものの方が安心感が違いますよね。

もちろんただ国内で製造されていると言うわけではなく、しっかりした品質管理がなされている環境で製造されています。

フレキュレルは直接肌に塗るものなので、少しでも不安があれば安心して使用することができません。

そのように考えるとフレキュレルは、普段使用する薬用クリームとして最適と言えます。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ

【フレキュレル・副作用】フレキュレルの安全性を徹底解説

肌の悩み
フレキュレルの安全性について解説していきます。

フレキュレルは、しみ・そばかすケア用の薬用クリームです。

薬用クリームなので肌に直接塗るものであり、長期的に使用していくものです。

なので、もし危険な成分や副作用があるような成分が配合されていると肌がボロボロになってしまうだけでなく最悪健康被害が出る恐れがあります。

そんな可能性があるので、フレキュレルの安全性については気になりますよね?

ここではフレキュレルの安全性と副作用がないことについて解説していきます。

具体的には、フレキュレルの成分からの安全性、乾燥肌や敏感肌などの体質別の安全性、肌荒れやニキビなどの症状別の安全性、年齢別や妊娠中の使用などによる副作用がないことなどを順番に紹介していきます。

【フレキュレル・副作用】フレキュレルの成分・無添加物などの安全性は?

6つの無添加
フレキュレルの成分と無添加物などの安全性について解説していきます。

フレキュレルの配合成分は低刺激性クリームとなるように設計されています。

それを実現しているのは、36種類の植物由来の成分と6つの無添加物です。

それぞれを順番に紹介していきます。

安全なポイント1:フレキュレルの植物由来成分

フレキュレルには、36種類の植物由来成分が配合されています。

特に主要な成分としては、7種類が挙げられます。

その特にすごい7つの植物は次のとおりです。

主要な植物由来成分と効果
  1. アーティチョーク:メラニンの生成を促進する物質を阻止・糖化防止
  2. サトウキビ:保湿効果・ターンオーバーの促進
  3. 天草:保湿効果
  4. 梅果実:抗糖化作用で肌の老化防止
  5. ユキノシタ:紫外線誘発性抑制効果
  6. プルーン:ターンオーバーの促進
  7. キュウイ:メラニンの抑制・ターンオーバーの促進

有名な植物ばかりですが、いくつかかの植物は効いたことがないと思いますので少し解説します。

アーティチョークは、キク科チョウセンアザミ属の多年草です。

日本ではあまり利用されることは少ないですが、ヨーロッパやアメリカでは広く食用として親しまれており、イタリア料理では前菜として使用されています。

ベトナムでは乾燥させてお茶として飲まれています。

食用として広まるくらい安全な植物なのです。

天草は、改装の一種です。

1番わかりやすい説明としては、寒天やところてんの原料です。

高い保湿成分があることで美容用品にも用いられています。

ユキノシタはユキノシタ科ユキノシタ属の植物です。

美容効果だけで言えばこのユキノシタはとてつもない効果があります。

その効果を箇条書きにすると下記の7つとなります。

  • 抗しみ・そばかす効果
  • 抗アクネ効果
  • 美白作用
  • 抗しわ効果
  • 保湿効果
  • 紫外線防止作用
  • 抗酸化作用

こんなに効能があるのに自然の植物だというのだから驚きですよね。

その他のサトウキビやプルーンなどは食用として有名な植物でしょう。

特にキュウイは数年前にキュウイを薄切りして顔に乗せるパックが流行るほど美容効果がある植物です。

安全なポイント2:フレキュレルには無添加な6つの添加物

フレキュレルには肌にとって良くない成分を排除し、低刺激となるよう設計されています。

その代表的な取り組みが6つの添加物が無添加なことです。

その6つの添加物が次の6つです。

6つの無添加成分
  • 香料
  • 着色料
  • タール系着色料
  • 紫外線吸収剤
  • パラベン(防腐剤)
  • 鉱物油

これらの添加物は基本的には含まれない方が望ましいものばかりです。

主な用途は香り付けのためや色づけのため、商品の劣化を防ぐためなどです。

一概に全てが不要とは言えませんが、これらの用途のために肌がボロボロになってしまうのであれば積極的に排除すべき物質です。

これらの添加物を無添加とすることとそれ以外の配合成分にも低刺激性クリームとなるように設計をした結果、フレキュレルは低刺激性クリームを実現しました。

その効果は乾燥肌や敏感肌の方にも使えるほどの刺激の少なさです。

なので、安心して使用することができます。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ

【フレキュレル・副作用】フレキュレルの体質別安全性を徹底調査


フレキュレルの安全性を体質別に使用して良いかという基準で紹介しています。

フレキュレルは低刺激性クリームであり、基本的に多くの方の肌に合うように作られています。

体質的に肌が弱い方や肌にトラブルを抱えている方にとっては、本当に自分の肌に塗っても安心なものかは重大な関心事です。

なので、体質別にフレキュレルを使用しても問題がないか調査しました。

調査した内容は、敏感肌と乾燥肌、そしてアレルギーの3項目です。

先に結果だけをお伝えすると、敏感肌と乾燥肌は問題なくフレキュレルを使用することができます。

元々フレキュレルの開発コンセプトには、敏感肌や乾燥肌の方でも使用できるようにというコンセプトがあったのでこれは当然のことです。

アレルギーに対しては、低刺激性クリームなので基本的に問題はないかと思われますがまず「パッチテスト」を行ってみることをオススメします。

それではパッチテストの仕方を含めて、それぞれの体質について解説していきます。

フレキュレルと敏感肌

フレキュレルを敏感肌にも使用して良いのか解説していきます。

結論は先に述べたとおり、敏感肌にも使用して大丈夫です。

これは同じく先に述べたとおり、開発コンセプトの1つですので当たり前のことです。

敏感肌の方でも使用できるようにできたのは、低刺激性クリームのおかげです。

植物由来成分を多く配合するとともに、刺激が強い余分な添加物を排除することで低刺激性クリームを実現しました。

しかし、「植物由来で低刺激なのは良いけど、その分効き目が低いのではないのか」と不安に思う方もいるでしょう。

植物由来成分といっても元々食用にも使用できるようなキュウイや梅果実などの安全な植物を使用するとともに、効果が高く多機能なユキノシタなどの成分も配合されています。

なので、安全性としみ・そばかすへの効果を両立することを考え尽くされた成分が配合されています。

安全性と有効成分については心配ないといえるでしょう。

フレキュレルと乾燥肌

フレキュレル浸透力
フレキュレルを乾燥肌にも使用して良いのか解説しています。

これも先に述べたとおり、乾燥肌に使用しても問題ないです。

同じく開発コンセプトの1つですからね。

使用できる理由も敏感肌の場合と同じく、低刺激性クリームであるからです。

なお、乾燥肌の場合にはフレキュレルをむしろ積極的に使用してほしい理由もあります。

それは、フレキュレルにはしみ・そばかす改善効果だけでなく、保湿成分も含まれているからです。

フレキュレルの効果の1つに保湿効果があり、モチモチ肌になる効果もあります。

主な有効成分としては、シュガースクワラン、セラミド2、セラミド3、セラミド6、キウイエキスの5つが保湿効果があります。

なので、乾燥肌の改善という意味でもフレキュレルを積極的に使用してほしいのです。

フレキュレルとアレルギー

フレキュレルをアレルギーがある方に使用しても良いのか解説していきます。

結論から先に述べると、アレルギーの方の場合は、使用する際に注意が必要です。

フレキュレルは低刺激性クリームなので多くの方に使用できます。

アレルギーの場合は先の敏感肌や乾燥肌と比べて注意が必要です。

というのもアレルギーは反応する物質が人によって多種多様であり、その症状も多種多様だからです。

なので、どの物質が肌に合わないのかは個人個人で違ってしまうので、一概に使用できるというわけではないのです。

アレルギーの方がフレキュレルを使用する場合は必ず「パッチテスト」を行って自分の肌に合うのか確かめてから使用してください。


パッチテストとは?

パッチテストとは、アレルギー性接触皮膚炎の診断確定、原因解明のために行う検査。貼布試験ともいう。
原因と疑わしい物質を皮膚に接触させ、その部位に皮膚炎が生じるかどうかを調べるもの。

パッチテストのやり方

  1. フレキュレルを二の腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい部分に塗る。(10円玉程度の大きさ)
  2. 24時間経過するまでそのままにし、かゆみや赤みの反応が出るかどうかをチェックする

このパッチテストの結果、問題がなければフレキュレルをそのまま継続して使用することができます。

逆に異常な反応が出た場合はすぐに使用を中止してください。

残念ですがフレキュレルが肌に合わなかったということです。

フレキュレルが肌に合わなかった場合は、180日間返金保証を利用してください。

この返金保証の利用方法の1つにこのような肌に合うか合わないかを試す意味もあるので、気兼ねなく返金してもらいましょう。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ

【フレキュレル・副作用】フレキュレル症状別の安全性を徹底解説

肌の悩み
フレキュレルの安全性について各症状別に解説していきます。

フレキュレルは低刺激性クリームでしみ・そばかすケアをする商品です。

低刺激性であるので基本的に副作用が起きづらく、肌に合わないことが少ない設計となっています。

しかし、実際に現状肌にトラブルを抱えている場合は、やはり使用することに抵抗や不安がありますよね。

このような不安感を取り除くために肌のトラブル別にフレキュレルを使用することができるかどうか調査してみました。

具体的には、肝斑と肌荒れ、ニキビ・ニキビ跡の4つの肌のトラブルが起きている状況でフレキュレルが使用できるか調べました。

結論から先に言うと上記の3つの場合なら問題なくフレキュレルを使用することができます。

その理由とともにそれぞれなぜ使用できるのかを解説していきます。

フレキュレルと肝斑(かんぱん)

フレキュレルを肝斑(かんぱん)に使用しても良いか紹介しています。

使用して良いかどうかは、肝斑がどういうものかを解説すれば分かります。

肝斑とは簡単に言うと目の下にできるしみのことです。

できる原因としては女性ホルモンバランスの乱れです。

女性ホルモンの乱れの原因としては加齢や妊娠、ピルの服用などが挙げられます。

つまり、あくまでしみなのです。

フレキュレルはしみ・そばかすケア商品なので、肝斑に使用しても当然大丈夫です。

むしろ積極的に使用してケアをすることをオススメします。

なお、肝斑の場合はフレキュレルを使用しながら根本原因を改善することも大切です。

あくまで女性ホルモンの乱れが原因なので、生活習慣を見直すなどの原因を解消することが新しい肝斑を出さないためには必要です。

フレキュレルと肌荒れ

フレキュレルを肌荒れ中の肌に使用しても大丈夫か解説していきます。

結論を先に言ってしまうと、肌荒れ中の肌にもフレキュレルは問題なく使用することができます。

というよりも積極的にフレキュレルを使用することをオススメします。

肌荒れは肌がカサカサしたり、ゴワゴワしたりすることですね。

主な原因としては、加齢や生活習慣の乱れ、偏った食事、無理なダイエットなどです。

原因はいろいろありますが共通しているのは、肌がカサカサして潤いがなくなってしまうことです。

フレキュレルには、シュガースクワランなどの5つの保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えてくれます。

なので、肌荒れ改善効果も期待できるので積極的に使用してほしいのです。

フレキュレルとニキビ・ニキビ跡

ニキビ
フレキュレルをニキビとニキビ跡に使用しても大丈夫か解説していきます。

まず、ニキビができる理由から説明していきます。

ニキビはターンオーバーが上手くいかず皮脂がつまってしまい、そこにアクネ菌という菌が過剰に繁殖することで肌にトラブルが発生します。

そしてその部分が炎症を起こすことでニキビとなります。

ニキビ跡はその炎症の跡がニキビ跡となります。

ニキビにフレキュレルを使用しても問題はありませんが、あまりオススメしません。

フレキュレルは低刺激性クリームなので炎症を起こしている部分でも大きな影響を及ぼしません。

これが「使用しても問題ない」の部分の説明です。

しかし、先に紹介したとおりニキビの原因はアクネ菌です。

このアクネ菌という原因を解消しない限りニキビはなくなりません。

なので、フレキュレルを使用するよりもニキビ専用の治療薬を使用して早期にニキビを治療することが先決です。

これがフレキュレルをオススメしない理由です。

また、ニキビ跡にフレキュレルを使用することができるかどうかですがこれも使用しても問題ないです。

ニキビが治まった後は、アクネ菌を対処した後なのでその名残として肌が炎症している状態です。

フレキュレルには炎症を抑える成分も配合されているためニキビ跡に使用できるというわけです。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ

【フレキュレル・副作用】フレキュレルに副作用がないことを年齢別・妊婦とに分けて解説!

薬剤師
フレキュレルに副作用がないことについて年齢別と妊婦の場合に分けて解説していきます。

フレキュレルの有効成分については、しみ・そばかすだけでなく保湿効果なども説明していきました。

そのような魅力的な薬用クリームなので使いたい方も多いです。

しかし、次のような質問が多くありました。

「フレキュレルを使用してみたいが、子供に使用しても良いか?」

「フレキュレルを高校生の自分が使用しても良いか?

「フレキュレルを妊娠して切る時(妊婦)が使用しても大丈夫なの?」

これらの疑問に答えるべく調査しました。

具体的には年齢別に子供(小学生まで)と中学生、高校生とに年齢別に使用して良いかどうかを調査し、妊婦にも使用できるかも調査しました。

フレキュレルを子供(小学生まで)に使用できる?

小学生
フレキュレルを子供(小学生まで)に使用できるかどうか解説します。

先に結論を言ってしまうと、子供(小学生まで)にフレキュレルを使用しても問題はありません。

ただ子供(小学生まで)の時のそばかすは遺伝性の場合が多く、成長とともに自然と消えるというものがほとんどです。

なので、遺伝性のそばかすの場合、フレキュレルを使用しなくても消えてしまうのであえて使用する必要性が低いのです。

もちろん、使用しても大丈夫なので自然に治るのを待てない場合などは使用しても良いと考えます。

逆に言うと、それ以外の場合は自然に治るのを待った方が無難です。

ただし、フレキュレルには保湿効果や紫外線対策効果などがあるのでその効果を期待して使用するのは良い使い方ですね。

フレキュレルを中学生に使用できる?

中学生
フレキュレルを中学生に使用できるかどうか解説します。

これも先に結論を言ってしまうと、フレキュレルは中学生に使用することもできます。

ただ中学生の場合も積極的にはフレキュレルの使用をオススメはしません。

理由は先ほどと同じでこの頃のそばかすは、遺伝性かどうかまだ判断できないからです。

遺伝性のそばかすの場合、思春期頃に自然と治っていきます。

大体中学生~高校生くらいの頃ですね。

なので、まだ中学生の段階だと遺伝性のそばかすかどうか判断できないので特別な事情がない限り自然に治るのを待ちましょう。

ちなみに、そばかすの改善以外の効果を期待して使用するのは子供(小学生まで)の場合と同じで使用の理由としては納得できるものです。

フレキュレルを高学生に使用できる?

高校生
フレキュレルを高校生にも使用して良いのかを解説していきます。

これも結論から言うと、フレキュレルを高校生に使用しても問題ありません。

高校生と言っても高校1年生~2年生くらいだとまだ遺伝性のそばかすの可能性があります。

しかし、高校3年生くらいになってもそばかすが治らない場合は、遺伝性のそばかすではなくそれ以外の要因によるものの可能性が高いです。

その場合には、遺伝性のように自然と治る確率がぐっと下がってしまうので何らかのケアが必要です。

なので、このぐらいの時期になってしみ・そばかすが気になるようならフレキュレルを使用することをオススメします。

低刺激性クリームにより思春期の難しい肌でもトラブルが少なく、しみ・そばかすケアをすることができます。

フレキュレルは妊娠中(妊婦)でも使用できる?

妊婦
フレキュレルは妊娠中(妊婦)でも使用できるのかどうか解説していきます。

フレキュレルは妊娠中(妊婦)でも使用できます。

理由は先にも説明しましたが、タール系着色料やパラペン、鉱物油などの健康に影響を及ぼす防腐剤などの添加物が取り除かれているからです。

ただ肝斑(かんぱん)に使用しても良いかどうかの際に説明しましたが、しみ・そばかすは女性ホルモンの乱れを原因として発症するものもあります。

妊娠中(妊婦)というのは言うまでもなく女性ホルモンバランスが不安定であり、生活習慣も妊娠前と比べると不規則になります。

なので、通常時のしみ・そばかすと比べて改善しにくい場合があります。

妊娠から出産までの間ずっとその状態が続くので、根本的な解決になっていないからです。

しかし、全くケアしないよりもケアした方が良いということは言えます。

なので、は妊娠中(妊婦)はすぐに効果が現れなくても継続的にケアしていきましょう。

初回は21%、OFFで送料無料!
肌に合わなければ180日間の全額返金保証がうれしい!

フレキュレル公式サイトへ